• HOME
  • 運営会社情報

株式会社 昭洋精機について

会社概要

商号 株式会社 昭洋精機
設立 昭和44年5月
資本金 1,000万円
代表者 代表取締役 佐藤 貴
事業内容 マシニングセンタによる部品加工と自社製品製造販売
加工材質 アルミ、アルミ鋳造、アルミダイカスト
従業員 18名(2018.5.1現在)
取引金融機関 青梅信用金庫、日本政策金融公庫、群馬銀行、みずほ銀行
仕入れ先 滑川軽銅株式会社(アルミ板材)
電化皮膜工業株式会社(アルマイト処理)
主要取引先 新日本無線株式会社
SEIオプトフロンティア株式会社
株式会社シーアイエス
所在地

本社工場:〒198-0023 東京都青梅市今井3-5-23
TEL:0428-31-9861
FAX:0428-30-0582
敷地:689平方メートル
床面積:997平方メートル

自社製品課:〒198-0023 東京都青梅市今井3-5-23
TEL:0428-30-0581
FAX:0428-30-0582

沿革

1969年5月 青梅市畑中にて、資本金200万円の有限会社昭洋精機として創業。フライス盤を導入し、部品加工を開始
1974年7月 NCフライス盤を導入
1978年6月 三次元自動プログラミングを導入し、複雑形状の曲線をもつ加工が可能に
1980年7月 青梅市三ッ原工業団地への工場誘致により移転
1981年1月 立型マシニングセンタを導入
1984年7月 横型マシニングセンタを導入
1988年9月 群馬工場操業開始
1996年10月 資本金を1,000万円に増資して株式会社へ変更
1998年6月 3次元CAD・CAM導入
2001年6月 部品加工部門の改革改善を開始
2002年4月 高生産・高効率化設備への更新開始
2002年6月 アルミ加工専門に特化方針
2005年1月 本社工場を移転
2006年6月 IT経営百選優秀賞受賞
2007年9月 ISO9001取得
2008年3月 東京都経営革新計画承認(5軸マシニングセンタ加工技術)
2010年6月 平面度加工に取り組み開始
2012年3月 経済産業省「IT経営実践認定企業」